【ブッチの口コミ】ドッグフードの量・食べない?評判は?

【ブッチの口コミ】ドッグフードの量・食べない?評判は?

【ドッグフード】ブッチの口コミ・評判/おすすめ3つのポイント

ブッチのおすすめポイント1・

ブッチの製品は、厳格な検査を合格したもののみを原材料とし、徹底的な品質管理のもと製造されており、安心・安全なドッグフードです。原材料は世界一環境規制の厳しいと言われるニュージーランド産。ニュージーランドは検疫体制も大変厳しく、過去150年以上にわたって口蹄疫や牛海綿状脳症(BSE)といった家畜の伝染病が発生していません。

その中で更にニュージーランドの第一次産業省(MPI)の基準をクリアしたヒューマングレードの食肉のみを使用し、品質管理の徹底された工場で、工場に搬入後数時間以内に製品化されます。ブッチの製品の80%程度は肉及び魚でできていますが、それ以外の原材料についても、厳選されたもののみを使用しています。

日本だけでなく世界中で評価の高いブッチの製品は、ニュージーランドで製造されたのち、徹底した品質管理のもとチルド状態で各国に輸出されます。

 

ブッチのおすすめポイント2・

ブッチの製品には、人工添加物フリーで体に優しいドッグフードです。着色料、保存料、合成香料を一切含みません。肉を低温で短時間蒸気加熱し、素早くパッケージングすることで、肉そのものの味や栄養素、水分量を保持することができ、人工添加物に頼らずとも美味しくて栄養価の高い製品を作り出すことができるのです。

また、人工添加物以外にもアレルゲンとなりやすい糖分、小麦粉、グルテン、イーストを一切含んでおらず、アレルギー体質のワンちゃんも試しやすい製品です。

ただし、米、トウモロコシ種皮といった穀物は含まれていますので、小麦以外の穀物アレルギーのワンちゃんには不向きです。ドッグフードは毎日食べさせるものですので、原材料には十分に気を付けてあげましょう。

 

ブッチのおすすめポイント3・

もともと肉食動物である犬の腸管は短く、消化の良いものを食べるのに適しています。そのためブッチの製品は、本来の犬の食事に近づくよう製品中の80%を肉類が占めるよう仕上げています。

しかも、生肉に近い水分量を保持しているため、消化・吸収を効率よく行うことができます。ウェットタイプであるブッチの製品は、肉そのものの味や香りを十分に感じることができ、食いつきが良いと評判です。

しかも水分が豊富に含まれているため、消化管への負担が少なくなり腸内環境も改善されることから、便通の改善や健康促進にも寄与しています。ウェットタイプで好みの大きさにして与えられますので、口の小さな子犬から噛む力が弱くなったシニア犬まで、幅広く対応したフードです。

 

【ドッグフード】ブッチの良い口コミ・悪い口コミ

ブッチの良い口コミ・評判1

とにかく「食いつきが良い」という口コミが多いです。ヒューマングレード品質のものでは、添加物フリーのものが一般的であるため、合成香料が使用されず食いつきがよくないものもあります。

しかし、ブッチの製品はウェットフードで独自の製法により肉本来の風味や香りが最大限に生かされており、食いつきがすこぶる良いようです。

もちろん添加物フリーで合成香料は使用されていません。ドライフードの上にトッピングすることで、今まであまり食べなかったドライフードまで食べてくれるようになったという口コミも見られました。

手術後や食欲のないワンちゃん、なかなか好みのドッグフードが見つからない場合、また顎の力が弱くなったシニア犬にブッチの製品を試してみるとよいでしょう。

 

ブッチの良い口コミ・評判2

「便通がよくなった」、「涙やけがなくなった」、「毛艶がよくなった」というような体の調子が良くなったという口コミが見られます。

便通が良くなったのは、ブッチの製品がウェットフードであるため、ドライフードの何倍も水分が含まれており、自然と水分を摂取することができるためです。

また、ブッチの製品にはケルプという海藻の一種が含まれており、これが消化管機能を改善・促進してくれます。腸内環境が改善されると、涙やけの症状もよくなることが多いです。

というのも、涙やけの原因の一つとして、鼻涙管の閉塞があります。鼻涙管の閉塞は、先天的に穴が詰まっている場合と、体に老廃物がたまりその老廃物が穴を塞ぐ場合があり、後者の場合は、腸内環境を改善してあげることで治ることがあります。更に、ビタミンやミネラルをバランスよく含むブッチの製品は、毛艶や皮膚の状態を良くする効果もあります。

 

ブッチの良い口コミ・評判3

公式通販サイトの「トライアルセットがお得すぎる」という口コミがありました。800g1本は通常1430円。

トライアルセットでは800gが3本ついて3000円で購入可能です。しかも通常6600円以上が送料無料となるのですが、トライアルセットは特別に送料無料が適用されるため、大変お得な価格設定となっております。

ブッチには、ブラック・レーベル、ホワイト・レーベル、ブルー・レーベルの3種類のウェットフードがあり、トライアルセットではこの3種類全てを試すことができます。

ブラック・レーベルは、牛肉やラム肉といった赤身肉がふんだんに使用されています、ホワイト・レーベルは鶏肉が使用されています。ブルー・レーベルは、鶏肉を主原料としつつも魚も含まれており、更にこれは犬猫兼用となっています。

どの味が好みかしっかりと試すことができるため、トライアルセットは試してみる価値があります。

 

ブッチの良い口コミ・評判まとめ

ブッチの製品は、とにかく食いつきが良いという意見が多数見られました。

ワンちゃんが美味しそうに食べてくれるのは、飼い主にとって大変喜ばしいことです。しかも美味しいだけでなく、便通がよくなる、涙やけがなくなる、毛艶がよくなるなど、ワンちゃんの健康状態も改善され、大変ありがたい製品と言えます。

また、ブッチの製品はヒューマングレードで品質管理が徹底されており、添加物を含まない安心・安全のドッグフード。通常価格は高いですが、トライアルセットで3種類ともお得に試せるのも魅力の一つです。

更に全年齢適用の総合栄養食であり、なかでもブルー・レーベルは犬猫兼用です。多頭飼育の方も、個体それぞれによって餌を変える手間が省けます。

 

ブッチの悪い口コミ・評判1

「保存方法が面倒くさい」という口コミがあります。開封前であっても冷蔵保存、開封後は冷蔵保存で7~10日ほどしかもちません。

使い切るのに10日以上かかる場合は、冷凍保存しなくてはなりません。800gのものは500mLのペットボトルくらいの大きさ、2kgのものは1.5Lのペットボトルくらいの大きさがあります。冷蔵庫が小さい場合は保管場所に困りますので、購入前に保管場所の検討が必要です。

また、停電のときの対策を考えておかなくてはなりません。一般的なドッグフードは常温で保管でき、開封後の期限ももっと長いため、冷蔵保存で10日程度しかもたないことはデメリットであると感じる人がたくさんいます。

またソーセージのような筒状であるため、与える度にカットするのを手間だと感じる人も多いようです。忙しい飼い主さんには、不向きなフードかもしれません。

 

ブッチの悪い口コミ・評判2

「価格が高い」という口コミもよく見られました。800g一本は通常だと1430円します。

800gだと5kgの犬の場合は約3日分ですので一日あたり約477円と、かなり高級なドッグフードだと言えます。ただし、ヒューマングレード品質で無添加であるため、安心・安全の面では最高ランクのドッグフードであることは間違いありません。

全ての食事をブッチの製品にするのは金銭面で難しい場合もありますので、ドライフードに添えてあげる等工夫するとよいと思います。他のドッグフードと併用する場合は、公式サイトにてどのくらいの量を混ぜればよいか計算ができますので、参考にしてください。

また、ブッチの製品はウェットフードであり食いつきが良いことで評判ですので、食欲がない場合や他の餌を食べない場合、顎の力が弱いシニア犬などワンちゃんの状態に合わせて試してみるのもよいと思います。

 

ブッチの悪い口コミ・評判3

「下痢になった」という口コミがちらほらありました。ブッチの製品はウェットフードで大量の水分が含まれていますので、ドライフードからいきなり切り替えると、お腹がビックリして下痢を起こしてしまう可能性は十分にあります。

フードを切り替える際は、従来のフードに少しずつブッチ製品の量を増やして混ぜてあげ、2週間くらいかけて綺麗変えてあげましょう。また、ブッチの製品はアレルゲンとなりやすい糖分、小麦粉、グルテン、イーストを一切含んでいませんが、全てのワンちゃんがアレルギーを起こさないとは言えません。

米、トウモロコシ種皮といった穀物は含まれていますので、小麦以外の穀物アレルギーのワンちゃんや、肉アレルギーのワンちゃんは、アレルギー症状が現われる可能性が大きいです。

アレルギーの症状としては、嘔吐下痢といった消化管症状と、皮膚が赤くなったり腫れたりする皮膚症状があります。ブッチ製品を与えた直後にこのような症状が見られた場合はアレルギーの可能性が高いので、獣医師さんに相談し、アレルゲンを特定しましょう。

ブッチの悪い口コミ・評判まとめ

ウェットタイプで冷蔵保存しなければならず、開封後の賞味期限が短いことをネックに感じている飼い主さんは多いようです。

1食分ずつ切り分けしっかり密閉すれば6か月は冷凍保存できるということですが、その手間も面倒くさい、また冷蔵庫や冷凍庫にドッグフードをストックする余裕がない飼い主さんからは、ネガティブな意見が出ました。

たしかにドライフードと比べると手間が多いですが、品質保持のためには仕方のないことだと思います。また、価格が高いという口コミも多く、持続して与え続けるには難しいものだと感じる人は多いようです。

品質に関しては最高ランクのドッグフードでありますし、ワンちゃんの食いつきもとてもよいドッグフードですので、他のドッグフードと併用したり、ご褒美として与えたりすると良いと思います。

【ドッグフード】ブッチの成分・どんな効果が期待できる?

ブラック・レーベル

ブラック・レーベルの成分は、ビーフ、ラム、チキン、フィッシュ、ニンジン、コーン、エンドウ豆、大豆、ココナッツ、米、凝固剤、ケルプ、天然香料、ビタミン・ミネラル類です。

赤身肉が好きなワンちゃんに大人気の製品です。ケルプは海藻の一種で、タンパク質、食物繊維、ヨウ素、カルシウム、亜鉛、ビタミンC、ビタミンE、フコダインを含みます。食物繊維は腸内環境を整えてくれ、フコダインは消化吸収を助け胃腸の炎症を抑える効果があるため、ケルプによって消化機能が改善されます。

また、亜鉛やビタミンは体の様々な機能を助けてくれ、免疫機能を強化し、毛並みや皮膚の健康を保つ働きがあります。また、フィッシュに含まれるDHAには神経系の発達促進やガン予防の効果があり、EPAには血液をサラサラに保つ効果があります。

ホワイト・レーベル

ホワイト・レーベルの成分は、チキン、ニンジン、コーン、エンドウ豆、トウモロコシ種皮、米、フィッシュ、凝固剤、ココナッツオイル、ケルプ、天然香料、ビタミン・ミネラル類です。

赤身肉の苦手なワンちゃんにおすすめです。また、ビーフアレルギーのワンちゃんもいますので、アレルギーのあるワンちゃんで魚より肉が好きな場合は、この製品がおすすめです。

チキンは高タンパク・低脂肪であり、エネルギー源となる飽和脂肪酸とコレステロールを減少させる不飽和脂肪酸がバランスよく含まれています。

また、他の肉と比べてビタミンAも豊富に含まれています。ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康を保ち、視覚機能を正常にしてくれる効果があり、成長を促進してくれる効果も期待できます。

ブルー・レーベル

ブルーレーベルの成分は、チキン、フィッシュ、米、ココナッツ、パセリ、凝固剤、ケルプ、ユッカ、ビタミン・ミネラル類です。この製品は犬猫兼用となっています。

猫はタウリンが不足すると網膜や心臓などの臓器にダメージが起きるため、タウリンを多く含む魚介類の量が多くなっているのがこの製品の特長です。

また、ココナッツに多く含まれる中鎖脂肪酸は、肝臓や消化管機能を助ける役割があり、体重増加を抑制、皮膚や毛艶をよくする効果があります。皮膚の保湿効果もありますので、アレルギー等で皮膚トラブルのあるワンちゃんには効果的かもしれません。

またユッカには、消化吸収を助ける働き、抗炎症作用、排泄物のにおいを軽減する働きがあります。

【ドッグフード】定期コースの解約方法

ブッチの解約

ブッチは定期コースで購入することができます。2週間に一度、1ヶ月に一度、2ヶ月に一度の3つの周期から選ぶことができます。単品を購入することもできますし、コースも4種類あり、自分に合ったコースを選択することができます。

定期コースで購入した方が10%程度安くなりますので、継続して使用する場合は、定期コースがおすすめです。定期コースとはいえ、自由度が高いのも魅力的です。

製品の種類、周期やコースの変更、お休み等、次の商品を発送する前でしたら柔軟に対応してくれます。

また、最低購入回数などはないため、解約に関しても特に縛りはありません。次回発送の1営業日前の17時30分までに連絡すれば、次回分から対応してもらえます。

方法としては、3通りあります。一つ目はマイページから解約の専用フォームに入力する方法。二つ目は問い合わせフォームに解約の旨を記載して送信する方法。

三つ目は、電話にて解約を申し込む方法です。解約する場合は時間に余裕を持って対応するようにしましょう。

【ドッグフード】ブッチの購入方法と価格

ブッチの店舗と値段

ブッチの製品は、一部の店舗で販売されているようですが、取り扱い店舗が少なく、更に置いている種類が限られていたり売り切れている場合もあるようです。

確実に安く購入するには、通販サイトを利用するのが一番です。通販サイトでは、公式サイトの他にも、楽天やヤフーショッピングでも購入することができます。

しかし、公式サイトの定期コースや初回限定のトライアルコースが一番お得に購入することができるようです。トライアルコースでは、1本1287円の800gのものが3本ついて3000円で購入することができるため、初めての場合は是非利用しましょう。

また、定期コースを選択すると、通常価格の10%オフとなり、更に6600円以上は一部地域を除いて送料無料となるため、引き続き購入する場合は6600円以上のコースを選択して定期購入することをおすすめします。

【ドッグフード】ブッチの安全性

ブッチの賞味期限

ブッチの賞味期限は製造後6か月であり、賞味期限がパッケージに「日-月-年」の順で記載してあります。

ただしこの賞味期限は冷蔵保存で未開封での状態でのことであり、開封後は冷蔵保存で7~10日で食べきるようにしてください。食べきらない場合は、開封後すぐに小分けに切り分け、冷凍保存をします。

冷凍保存であれば、未開封状態と同じく、記載の賞味期限までもちます。ただし、品質が劣化するため、解凍後再び冷凍はしないでください。ブッチの製品は、1本あたり800gのものと2kgのものが発売されています。

800gだと5kgの犬の場合は約3日分、2kg だと10kgの犬の場合は4.5日分です。

2kgの方が割安ですので、こちらを購入して、7日程度で食べきるほど切り分け、残りは一食分ごとに小分けして冷凍保存しておくとよいでしょう。

 

【ドッグフード】ブッチの与える量

ブッチの給餌量

ブッチの給餌量は、公式通販サイトの「ブッチ給与量 計算フォーム」にて確認することができます。ブッチのみを与える場合は、ブッチ給与量ガイドラインを参照しましょう。体重別に給餌量が記載してあります。

また、ブッチはウェットタイプの製品で筒状の形をしています。800gの製品の場合と2kgの製品の場合のそれぞれで、何センチ分あげればよいかも記載してありますので、量りがなくても大丈夫です。

ただし、ブッチの製品は全年齢に対応したドッグフードとなっていますので、妊娠5週目以降は通常の15%増量した量を与えること、子犬期、授乳期には、2~3倍の量をあげるよう但し書きがされています。また、ブッチを併用して与える場合は、前述の「ブッチ給与量 計算フォーム」にて、カロリーを基準としてどの程度のブッチ製品を与えればよいか計算することができますので参考にしてください。

これらはあくまで目安であり、ワンちゃんの状態に応じて適宜飼い主さんが給餌量を見直してあげることが重要です。

【ドッグフード】ブッチのよくある質問

質問1

質問:ブッチの製品は全年齢適用ということですが、与えるときに気を付けることはありますか?

回答:ブッチの製品は、全米飼料検査官協会(AAFCO)が定めた基準を満たした、全ての年齢ステージに対応した総合栄養食となっております。

基本的に、公式サイトの給与量ガイドラインをみてもらうと体重別に給与量が記載してありますので、それを参考にしていただくとよいと思います。但し書きにもあるとおり、子犬期や授乳期には、2~3倍の量をあげること、妊娠5週目以降は通常の15%増量した量を与えることとなっております。

また、ブッチの製品はウェットタイプであるため、柔らかく水分量が多くなっています。犬の年齢や状態によって、食べやすい大きさにしてあげると、より食いつきがよくなります。

質問2

質問:いかにもカロリーが高そうな製品ですが、ダイエット中にあげても大丈夫ですか?

回答:ソーセージのような見た目とウェットならではの香りの高さ、そして水分を多く含むことで一日に与える量がドライフードと比較して多くなるため高カロリーに見られますが、一日あたりに摂取するカロリーは、ドライフードとあまり変わりありません。というのも、体重によって摂取カロリーは目安があり、ペットフードはその基準を基に給与量を決めているからです。

ですので、ダイエット中であっても与えていただいて問題ありません。ただし、給与量はあくまで目安です。実際は、ワンちゃんの年齢や状態によって与える量を調整するべきです。

ダイエット中ということであれば、少し減らしてもよいでしょう。ドライフードと比較して水分を含んでいる分一回当たりの量は多いため、少し減らしたとしてもワンちゃんは満足してくれると思います。

質問3

質問:今までドライフードを与えていましたが、ブッチの製品に切り替える際に注意することは?

回答:ブッチの製品はウェットフードで、生肉に近い70%以上の水分量を含んでいます。ですので、急にドライフードから切り替えると、消化管が変化に追いつけず、下痢をしてしまいます。

また、ウェットウードはドライフードと比較して水分を多く含むために、一回あたりの給与量は2~3倍に多くなり、量が急に変化することも消化管に負担を与えてしまう原因となります。

そのため、フードを切り替える際は、始めは従来のフード9割、ブッチの製品1割の割合で混ぜて与え、3日毎に2割ずつブッチの製品の割合を増やしていきましょう。

2週間ほどかけて、切り替えてあげると、体への負担も少なくて済むと思います。

 

質問4

質問:定期コースについて詳しく知りたいです。

回答:ブッチの定期コースは、周期は2週間に一度、1ヶ月に一度、2ヶ月に一度の3つから選ぶことができます。単品で購入する場合でも、通常より10%お得です。

更にまとめ買いコースも4種類用意してあります。Aコースは2kg×3本が7722円で購入、Bコースは800g×6本が7722円、Cコースは800gが3本で3861円、Dコースは2kgが4本で10296円と通常価格と比較して400~1000円お得に購入することができます。

更に6600円以上で送料無料となるため、与え続けるのであれば、まとめ買いのA、B、Dコースを選ぶと大変お得になっています。また、定期コースはいつでもストップしたり、解約することができますので、気軽に利用してみるとよいでしょう。

質問5

質問:生肉と同程度の水分量を含むと書かれていますが、生肉を使用しているのでしょうか。

回答:ブッチの製品では生肉を使用していませんのでご安心ください。犬はもともと肉食動物のため腸管が短いのですが、水分量の多い生肉の栄養は、短い腸管でもスムーズに吸収することができます。

このため、ブッチでは犬本来の食生活からヒントを得、肉本来の栄養と水分量をそのまま維持できるような製法で製造しています。その方法は、100℃未満の低温で15分以内に全体を蒸気加熱したあと、すぐにパッケージングするという方法です。

そうすることで、素材本来の栄養や風味を最大限に生かすことができます。ブッチのフードには70%以上の水分が含まれるのに対し、ドライフードの水分量は10%程度。

水をあまり飲む習慣がなく便秘気味なワンちゃんにとっては、ごはんを食べるたけで水分もきちんととれるため、便通も改善され健康的になります。

ブッチのドッグフードの会社/株式会社ブッチ・ジャパン・インク

会社名 株式会社ブッチ・ジャパン・インク
設立 2009年
所在地 東京都新宿区市谷本村町3-28
従業員数 5名
主な事業内容 ペット用品やペットフード、ペット用医療関連物の輸入及び販売

ブッチのドッグフードの口コミまとめ

ブッチの製品は、製品の80%を肉や魚が占める、ワンちゃんにとってとても魅力的なウェットタイプのフードです。

低温・短時間で蒸気加熱することにより、肉本来の味や香り、栄養素、水分量を保持したまま製品とすることができています。肉や魚以外にも野菜やケルプといった海藻などが原材料として含まれており、自然由来の栄養素を十分に摂取できる総合栄養食となっています。

合成添加物フリーでヒューマングレード品質の安心・安全なドッグフードです。体に優しい素材を使用している上に、水分も十分に含んでおり、消化・吸収が促進され、健康な体作りに寄与しています。

便秘や涙やけが治った、毛艶が良くなったなどの体の調子が良くなったという口コミも多く、美味しく食べれて健康になれる、素晴らしいドッグフードと言えます。

開封前から冷蔵保存が必要なことや価格の高さに関してマイナスな声もありますが、ワンちゃんにとっては間違いなく良い製品ですのでおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました