【VIOセルフ】セルフ脱毛

【VIOセルフ】セルフ脱毛

サロンやクリニックで脱毛するのも気になるけど、VIOは恥ずかしいですよね。

また時間がない、近くにサロンがない、クリニックがないかたでも

今はドラッグストアやネットショップで簡単で脱毛器や高価な電気シェーバーや除毛クリームが手に入る時代です

セルフだと、人目に気にせず、自分の好きな時間帯にできるのが大きなメリットです。

初めの費用は安く抑えられるのでコスパは良く感じられますが、

実際は繰り返すので時間も手間かかり、長い目で見ると費用が高くなります。

また、かなりデリケートな部分なので手順を間違えるとケガをする恐れや

ムラができ、結局、怖くてできなかったという声も多くみられます。

ですが、しっかりとしたやり方がわかっていればサロンに行かなくても簡単にできますので、自分で頑張ってみましょう。

 

 【VIOセルフ】 セルフ処理それぞれの特徴とやり方

まず何より、人目につかない、自分の好きな時間にできるのがいいところです

近くにサロンやクリニックがない方、時間がない方におすすめです。

少し前まではカミソリが一般的でしたが、今は電気シェーバー、除毛クリーム、

一時期話題になったブラジリアンワックスでもセルフ処理ができるようになりました。

今では家電量販店やネットショップで簡単に家庭用の脱毛器が買える時代になりました。

 

安価で買えるのでいつでも処理することができるので

お出かけ前にちょっと気になる部分も、夏場に水着になる前、サロンやクリニックが

予約でいっぱいでいけないときなど、自宅で道具さえあれば簡単にセルフ処理が

できますのでこの機会にお勧めです。

しかしものによっては肌に合わないものや使い方によっては肌トラブルの原因に

つながりますのでよく調べてから購入してください。

また処理した後は、保湿を行うようにしましょう。

 

 【VIOセルフ】 カミソリを使った方法

安価でドラッグストア、スーパーなどで簡単に手に入るところです

お風呂に入ったタイミング使用できるところ

しかし直接刃があたるので、ダメージを与えやすくなっています。

※剃り味の悪くなったカミソリは肌を傷つける原因となるので使用は控えましょう。

傷ができて雑菌が入って膀胱炎になったという話もあります

 

なるべく、カミソリもデリケート専用のものを選びましょう

1.ジェルやクリームを使う

最小限に抑えるためにも専用のクリームやジェルは使いましょう

石鹸やボディソープは乾燥しやすくなるのでお勧めしません

2.毛の流れに沿って反りましょう

逆に剃るとしっかりそれますが毛穴が目立ちますし、次は得てくる毛が

太くなる原因になります

 

 【VIOセルフ】 毛抜きを使った方法

毛抜きも安く変えるとこが良いところです。100円ショップでも買えます。

手軽で毛が生える頻度がカミソリ、電気シェーバーよりも遅いのがいいところで、仕上がりもきれいにできます。

その分、手間と時間がかかるのが難点で、そしてなにより痛い

炎症や毛が埋もれてしまう可能性がある。

<やり方>

1・消毒しましょう

処理後の毛穴は刺激に弱いため細菌やウイルスの侵入を防ぐためです

2・皮膚を温めましょう

蒸しタオルなどで温めておきましょう

力を入れなくても抜けやすい状態になるので、小さな力で抜きましょう。

3毛の流れに沿って抜く

皮膚に必要以上の負担を与えないように

皮膚が引っ張らないように手を添えましょう。

4.冷水や濡らしたタオルで冷やしてください。

炎症を和らげると、最近の侵入を防ぎます。

あとは保湿クリームで保護しましょう。

 

 【VIOセルフ】 ブラジリアンワックスを使った方法

毛を根元から抜くため、無駄毛にならない期間がない

ソフト・ハード・シートの3種類があります

・ソフトは初めて使う方やあまり痛みを感じたくない方におすすめ

肌へのダメージやはがすときの痛みが少ないです。

・ハードは粘着力が強くしっかり脱毛できるが、温めるときの温度調節が難しい

熱くしすぎると低温やけどになるので十分気を付けましょう。

・シートは時短で行いたい人、温める手間を省きたい人へ

<やり方>

1.脱毛したいところにワックスを塗りましょう。

毛の流れと同じ方向に塗ることが重要です。

下か上に向かって塗り、厚さは1mmを目安で

2.専用のシートをかぶせる

4~5回手でこすって皮膚になじませるように

3.一気にはがす

毛の流れと逆方向と一気にはがします

 

 【VIOセルフ】 自己処理に特におすすめのアイテム

・電気シェーバー、カミソリ、

一般的で安価なものから高価のものまで手にはいりやすいです。

・ヒートカッター

どちらかというと、毛先をチクチクさせないための道具です

・はさみできれば刃先が丸みのあるもの

毛が多いと電気シェーバー、カミソリでも剃りづらくなるので

毛の量を少なくし、長さを整えるためです。

・手鏡、大きい鏡

VIOなど見えづらい所を処理するときに必須です。

・ローション

カミソリや電気シェーバーを使うとき肌を守りながら剃りやすくするためのものです

・保湿クリーム、ジェル

処理後に保湿は必須です。自分の肌質にあったものを選びましょう。

 

 【VIOセルフ】 電気シェーバーで自己処理

顔や指先のところから体全体まで使えるものあります。

肌に負担をかけにくく、購入時は高いが一度購入すれば長く使用できます。

物によってはお風呂場で使えるものがありますので用途によって購入しましょう。

<やり方>

1・毛が乾いた状態で行いましょう

2・鏡を見ながら行う

新聞紙やいらないチラシをひいてその上でしゃがむような体制で

下に鏡をみながらするとIOラインも処理できます。

3先に毛の長さを切ってそろえておく

長い毛を処理するのは難しいので丸みのあるはさみやヒートカッターを

用意するか、付属のアッタチメントで長さをカットしておきましょう。

刃が直接当たらないように付属のスキンガードをつけましょう。

4.シェーバーの滑りをよくするためにローションを使いましょう

肌荒れ防止や保湿効果があります。

5.毛の流れに沿ってゆっくり動かします。

このとき肌に強く押し当てすぎないように、滑らすイメージで

 

 【VIOセルフ】 ヒートカッターで自己処理

数本つかんで熱で処理する道具です。処理後の毛のチクチクしないのが特徴です

アンダーヘアーの長さを調節するのにおすすめです

 

時間がかかるのと焼いているので臭いにおいがする

できるなら換気したほうがいいかも

あくまでも、毛先を焼き切るので焼き切れないところは露出します

まずはコームなどで毛先を整え、挟み込むようにカットして下さい

多く挟むと焼き切れないので、数本だけで根気よくしましょう

<やり方>

1.はさみなどで電気シェーバー、カミソリが剃りやすいところまで切る

2.コームで毛先を整え、挟み込むように押し当てて焼き切る

もしくは数本だけ手で挟み、焼き切る。

※あくまでも毛先をチクチクさせないように処理するものなので

これだけで毛を切ることはおすすめできません。

 

 【VIOセルフ】 家庭用脱毛器で自己処理

メーカーにもよるが5万円から10万円前後で購入できます。

好きなタイミングでできる繰り返し、使用できるのがよい

一度買えば終わりではなく部品の交換や修理にお金がかかり、さらに費用が掛かることがある。

1~2週間に1度くらいのペースで手入れしないといけない。

<部位別>

背中

自分ではかなり難しい

手で届く範囲なら鏡を見ながら進めましょう

場合によっては人に手伝ってもらわないといけない

お尻

カーブに沿っているので難しいです

脱毛器によっては使用不可のものがあります。

鼻から下のみがほとんどです。

皮膚が薄く、使用するさいは、十分に気を付けましょう

腕と足

セルフ脱毛しやすい部分

ムラにならないように丁寧に、脱毛した後は日焼けケアを忘れないように

 

痛みを感じやすいので、冷やしながらお手入れしましょう。

毛を短くしてそろえてから脱毛しましょう。

おなか

かがみこんでするとムラになりやすいので立ちながら行いましょう。

おへそ周りは細かく動かしましょう。

ok

 【VIOセルフ】 やり方

夏になると海やプールで水着になることもありますよね

時期によってはサロンやクリニックが予約いっぱいで間に合わないことや

またデリケートゾーン特有のにおいが気になってきた、

生理時の尿や経血が毛について深いと感じる方も多いですよね。

道具さえそろえれば、VIOの処理はできます。

VIOの処理なんて自分でできるのと思う方もいるかもしれませんが

しっかり道具をそろえれば自分でも簡単に行えます。

カミソリも一般的ですが電動シェーバー、ヒートカッターなどいまでは

いろいろなアイテムがあるので自分に合ったものを使ってくださいね

デリケートゾーンなので肌トラブルには十分気を付け、また常に清潔にするように

心がけてください。

もし電気シェーバーが怖くても剃るタイプではなく、安価で買える専用の

形を整える道具や毛をすくタイプもありますので自分で使いやすいものを選んでくださいね。

 

 【VIOセルフ】 ツルツルにする自己処理のやり方

・つるつるにするためには剃り方も大事

毛の流れを確認し、反対向きにクリームやシェーピングを塗って毛を立たせます

力を入れず優しく反りましょう。

・処理後の肌はとても敏感なのでケアを怠らないように

埋没毛を作らないために脱毛後はきちんとケアが必須です。

週1~2回にスクラブでマッサージして角質を落とし、入浴後は毛穴が開いた状態の

肌に尿素配合のクリームや専用のローションを塗ってください

・カミソリのお手入れも忘れずに

水に濡れたまま放置すると、サビが発生し肌を傷つける原因となるので必ずお手入れをしましょう。

・また1週間後に再度、電気シェーバーでこまめに剃るようにしましょう

人の体質によりますが、3日後に剃る人もいますが、肌へのダメージが大きいので

やめましょう。

 

 【VIOセルフ】 簡単に自己処理できるやり方

自己処理といってもいろいろなやり方がありますので自分ができる

方法で試してくださいね。

<毛を抜く方法>

手軽で費用が掛からない、次のお手入れまでの期間が長い

肌への負担が大きく、肌トラブルを招きます。

<剃る場合>

比較的に安い物から高価なものまであります。

専用のシェービングも用意してください

広範囲で剃ることができるので簡単ですが

電気シェーバーだと深掘りできないのでこまめにお手入れしましょう。

刃で肌を切る可能性があります。

<除毛クリームで溶かす>

一度に広範囲のムダ毛を処理できる、痛みや肌に傷がつくリスクが少ない

シャワーで洗い流せば完了なので手軽です。

肌との相性が合わない可能性があり、物によっては特有のにおいがします。

毛深いところは残るので事前に前処理が必須です。

 

 【VIOセルフ】 Iラインの自己処理法

特に蒸れやすいので、しっかり処理をしましょう。

生理時に毛に尿や血が付着しやすい部分です。

蒸れによる、においやかゆみを抑えることができます

Ⅰライン専用の道具もあるのでつかってみるのもおすすめです

切るというより剃って形を整えるタイプです

<やり方>

下処理で毛穴を開かせるために、温めておことと、シャワーやウエットティッシュなどで

清潔にしておきましょう。洗いすぎは注意です。

粘膜の部分はショーツやナプキンなどで保護しておきましょう。

<やり方>

新聞紙やいらないチラシの上に、鏡を下に置き、両足を広げましょう。

はさみである程度の長さまでカットか、ヒートカッターで2cm~3cmほど

VIO専用の電気シェーバーで3mm~5mmの長さまでそる

割目のスタート位置から肛門の手前までなので、割目の下を剃るように

そのあとはしっかり保湿をしてください。

炎症が起きやすい部分のなでVIO専用の保湿クリームがおすすめです。

 

 【VIOセルフ】 チクチクしない自己処理の方法

電気シェーバーやカミソリで剃るだけだと、チクチクします。

ヒートカッターを使用して、毛先を焼くようにしましょう。

根気が必要ですので少しずつ頑張りましょう。

 

毛をしっかり深掘りすればなるべく感じにくくなります

下準備としては、しっかり毛穴をふさぎシェーピングを必ず使用して

刃の枚数が多いもので剃るようにしてください

 

<除毛クリームをつかう>

除毛クリームで処理すると毛先が丸くなるので手触りが良くなります

使用時間をしっかり守りましょう。だいたい5~10分間放置

蒸しタオルなどで肌を温めてから

毛穴をしっかり開かせてから使用しましょう

 

ブラジリアンワックスをつかう

毛根から抜く脱毛方法なのでしばらくお肌はつるつるです

1週間から10日間は新しい毛が生えてきますが、カミソリとよりも

チクチクしにくいです。

 

毛抜きも毛根から抜く方法ですが範囲が広い所はかなり根気と時間がかかるため

おすすめはできません。

 

 【VIOセルフ】 自己処理でアンダーヘアーを短くする方法

見えない部分が放置しておくと不衛生なので処理しましょう

ドラッグストアかえるカミソリ、電気シェーバー、はさみ、ヒートカッターなど

さまざまの道具がありますので自分に使いやすいもので処理してください

最も手軽なのはカミソリや電気シェーバー、です

初めにヘアの量と長さをある程度整えておきましょう。

特に電気シェーバーだと量が多いと絡まって剃ることができません

はさみでもいいですが専用のトリマーを使います

剃り終わった後はシャワーできれいに洗い流し、清潔にしておきましょう

そのあとしっかり保湿をしてください

おすすめは乳液やローション、専用のジェルもありますので

肌質にあったものを使いましょう

 

 【VIOセルフ】 除毛クリーム vio 注意点

必ずVIOに使えるものを選ぶようにしてください。

肌が弱いとヒリヒリと感じます、敏感肌用もあるので注意してください

 

デリケートゾーンなので粘膜に近い所は、ショーツなどで

保護してから除毛クリームを使いましょう。

 

肌に合わない可能性があるので必ずパッチテストを行ってください。

まずは、少量のクリームを除毛部分につけてみましょう。

※少しでも異変を感じたらすぐに洗い流しましょう。

各製品で決められている時間まで経過したら洗い流す

2日間程度、肌に異常がないか確かめましょう。

 

一番大切なことは処理後の保湿ケアです

放置するとかゆみ、黒ずみをおこすので潤いを与えましょう。

保湿ケアにも部位によって使用不可のものがありますのでよく調べて選んでください

 

 【VIOセルフ】 除毛クリームを使った方法とおススメのクリームタイプ

<やり方>

清潔にしておき、肌には何もつけていない状態でおこないましょう。

塗る量は多めに1mmから3mmぐらいを目安で

毛が見えなくなるまで均等に塗り、スポンジやヘラを使いましょう。

ムダ毛が多い場合はあらかじめ短くしておいてください

強くこすらず、しっかり洗い流す、残っていると肌トラブルの原因になります

<おすすめ>

・エピラット ドラッグストアで気軽に手に入ります

特有の香りは軽減されています 専用のヘラもついています

 

・Veet 全身に使えるものもあれば、デリケートゾーンつかえるものもあります。

スポンジ付きでほのかなローズの香りがします

こちらもドラッグストアなどで手軽に購入できます。

 

・ヴィーナスラボ タラソボーテエピクリーム

三種類の香りがあり、スポンジもついています

除毛力も高く、評価が高いです

 

 【VIOセルフ】 iライン 除毛クリーム やり方

※デリケートゾーンに使用できるものを使ってください

<前処理>

※カーゼやティッシュを使い、清潔にしておきましょう

毛が少し多い、長い場合は、短くしておきましょう。

<やり方>

鏡を前に置き、足を開いて座ります。

少量のクリームを除毛部分につけてください

粘膜ギリギリは避けましょう、不安な場合は粘膜部分を保護してください。

たっぷりぬると体質によってはヒリヒリするのでまずは少量からで様子を見ましょう。

各製品で決められている時間が経過したら洗い流しましょう

クリームが残らないように念入りにまた、ティッシュなどで軽くふきましょう

そのあとはデリケートゾーンで使用できるジェル、クリームで必ず保湿を

 

 【VIOセルフ】 iラインのように特に敏感な場所を除毛クリームで行うには特に注意が必要

<必ずすること>

※デリケートゾーンに使用できるものを使ってください

もしくは敏感肌用のものを

また必ず肌に合わない可能性があるので必ずパッチテストを行いましょう

少量のクリームを除毛部分につけてみる

各製品で決められている時間まで経過したら洗い流す

2日間程度、肌に異常がないか確かめる

<注意点>

粘膜はさけ、ぎりぎりのところまでにしておきましょう

薬剤が入らないように保護しておくのが無難です。

 

一気に塗るのではなく様子を見ながらクリームの量を増やすように

してください。なかには製品に書いてあるぐらいにぬったら赤みがでたかゆくなったり

するのでまずは少量から試してみましょう。

様子を見ながら、かゆみがないようでしたら少量ずつ増やすように

時間がたてば、シャワーで洗い流してください。

薬剤が残らないように念入りに行いますが、強くこするのは厳禁です。

ウエットティッシュなど軟らかいもので最後はふき取ってください。

 

とくに処理した後はしっかり専用の保湿クリーム、ジェルを使って

念入りに保湿してください。

 

 【VIOセルフ】 家庭用脱毛器 vio やり方

敏感な部分なので注意が必要です

 

<前処理>

まずは腕の内側の薄い皮膚で照射テストする

脱毛する部位の毛を電気シェーバーで短くそっておきます

※カミソリでもいいですが、深剃りすると肌トラブルになるので

強い痛みを感じやすいです

・粘膜部分はナプキン、ショーツで

・肛門部分は肌に優しいばんそうこう、ショーツ

・ほくろ、しみ 肌に優しい白いテープ、敏感肌用のばんそうこう

・黒ずみがひどいところ 白いテープやガーゼで隠すように

<やり方>

どの部分も照射するごとに必ず冷却をしましょう。

1回照射→冷却→照射の繰り返し

Ⅴライン見えにくい部分ですので正面に鏡を置いた状態で両足を開いて照射

I・Oラインは床に置いた鏡の上にしゃがんで照射

そのあとはしっかり保湿をしてください。

 

 【VIOセルフ】 家庭用脱毛器を使ったセルフ脱毛と注意点

※脱毛前後は必ず冷却を!!

敏感な部分なので注意が必要

まずは腕の内側の薄い皮膚で照射テストをおこないましょう

家庭脱毛器によっては

・VIO全部を脱毛できるもの

・Ⅴラインのみ脱毛できるもの

・出力調整機能があるかどうかなどしっかり機能を確認してください

痛みを感じやすい部分なので最小レベルから徐々にレベルを上げたり

下げることもできます。なるべく調整機能付いているものを選んでください。

痛いとの声もありますがしっかりと冷却をすれば痛みは感じにくいです

 

黒ずみがあるところ、粘膜部分は危険ですので照射しないように

必ず照射する部分、しみや黒ずみがある場合は保護して隠してください。

 

また同じ部位に毎日照射することもやめましょう

早く効果がでず、なにより肌に負担がかかります。

1週間に1回のペースにしましょう。

 

 【VIOセルフ】 vio 処理 セルフのまとめ

ドラッグストアやネットショップで簡単にセルフ処理できる道具が買える時代になりました。自宅でも簡単に自己処理を行えるようになりましたが

ムラができてしまったり、カミソリが肌に合わず、けがをしてしまったり

ワックスや除毛クリームを使っても、肌トラブルの原因になったり

せっかく高い家庭用脱毛器を買っても途中でやめてしまうことも多いです。

最初はできても、後が続かない、VIOはやっぱり難しい、自分ではきれいに処理できないと感じたらサロンやクリニックに行ってみるのもおすすめですよ

自分自己処理する場合は、人目や時間を気にせずいつでもできるのが最大の利点ですが

その分充分、後処理ケアはしっかりと行い使用方法も守ってくださいね。

脱毛サロンおすすめランキング!大人気の全身脱毛比較

コメント

タイトルとURLをコピーしました